Author Archive

オルタネーターは業者へ依頼

オルタネーターは自動車の発電機で、交流発電機の事です。エンジンの回転数ではなく電力の消費量に応じて発電量を変えることが出来るので現在ほとんどすべての自動車の発電機として利用さfれています。構造もシンプルで直流発電機のような接点もないために非常に長寿命でほとんどメンテナスフリーですが、やはり消耗等による故障はあります。このときには単純に新品に交換すればいいかもしれませんが、実はほとんどの場合には修理が出来ます。しかし単純な交換ではない修理となると専門業者の技術が必要となります。しかし修理済ますと交換した場合に比べて大幅に安くなるのが普通です。ですから故障したときには電送品の専門業者に任せて修理してもらうか、修理品、あるいはリビルト品としてストックされている中古品に交換してもらうのが修理代金としてもおすすめです。また電送系は異常が目に見えにくい箇所でもありますので、専門知識や専用の設備がないと十分な修理が難しくテストなども出来ませんので、専門業者へ依頼するのがおすすめです。ディーラーなどへ依頼すれば問題ありませんが、直接専門業者へ依頼できれば更に安く済む事もありますので、故障箇所がはっきりしている場合は直接依頼するのもいいでしょう。

オーバーヒートは業者へ依頼

最近の車は性能がとてもよくなり、あまり故障をしなくなりましたが、メンテナンスを怠るとやはり故障の原因となります。
メンテナンスといってもいろいろあります。一番いい方法はガソリンスタンドなどで定期的に点検してもらうか、ディーラーなどで点検してもらうことです。
メンテナンスの内容はバッテリーやオイル、ラジエター液、タイヤ空気圧などいろいろありますが、やはり気体や液体は減ってくるという特性があるため定期的にメンテナンスが必要なのです。
タイヤなら数ヶ月で空気圧が減ることがあります。そのままほっておくと劣化が進んでしまいタイヤによくありません。
またオイルは数ヶ月ごとに交換するか、5000キロから10000キロを目安に交換する必要があります。
オイルや長期間使用しているとやはり劣化してしまうことと、オイルの量も減ってきてしまいます。
実はオイルはエンジン内部を潤滑することで冷却しているのです。
そのためオイルの量がへったまま走行を続けるとオーバーヒートを起こしてしまう可能性が高くなるのです。
そのためオイルの交換を定期定期に行うか、エンジンルームを見てオイルゲージというものがついているので、それでエンジンオイルの残量を確認することができます。

注意しておきたいエンジン・オイル

昔と比べて現代では生活に対する価値観が大幅に変わってきているという現状があります。一昔前でしたら、モータリゼーションが盛んであった頃は、若い方を中心として、多くの方が車を保有されていました。それが今では車以外の事にお金を使いたいとの希望を持たれている若い方が多くいらっしゃることから、若者の車離れということが盛んに言われるようにもなっています。
しかし、全く車が必要では無くなったという訳ではありません。未だに地方部では交通の便が発達していませんから、車をご自分の足として利用せざるを得ないような状況になっています。ですから下火になったとは言え、まだまだ車に対する需要はなくなる訳ではありません。
それでは、車を保有したらそれで終わりなのかと言いますと、これもそうではなく、ご自分でその車の管理をしていかなければなりません。若い方には、このような事をご存じない方もいらっしゃいますが、とても大切な事です。特にエンジンオイルにつきましては、決められた走行距離ごとに交換をしていかなければ、最悪の場合、その車が走行不能となってしまうようなトラブルに巻き込まれることがあります。
その車を購入した販売会社を通じて、分かりにくい方はぜひ相談をしてみて下さい。

走行中の異音から防止できること

車は金属でできているため、互いに干渉し合って動いています。ですから、メンテナンスを怠るとスムーズな動きができなるなくため各部から音が発生する場合があります。正常な状態ではほとんど音は出ませんので、音が出ている場合には何らかの異常が発生している可能性が高くなります。音が出ているといってもどこから出ているのかは特定するのが難しいのが一般的です。ディーラーではテスターにより車両の状態を把握することが可能ですが、音が出ているからと言ってテスターで異常個所を特定するのは難しいのです。ですから、日頃から定期点検を実施し良好な状態を保つ必要があるのです。走行中に発生する異音には様々なものありますが、常に音が出ている場合には原因を特定しやすくなります。しかし一定の条件下でしか出ない場合には整備士でも簡単には異常を見つけることができないのです。車に知識がある人であれば音の原因が分かるかもしれませんが、一般人には難しいと言えます。音を気にすることで劣化が進行しないようにすることは可能ですが、音が発するようになった場合にはすでに故障や劣化が始まっているのが普通です。放置すると重大な故障に繋がるため、法定点検は確実に行うことが大切なのです。

ブレーキの違和感の対処法

自動車は様々な部品で成り立っているため、一箇所が故障してしまうだけで自動車全体に影響を与えてしまうことがあります。
その中には、軽微なものから重大なものまで様々なものがあります。
軽微なものであれば、騙し騙し使っていくということもできなくはありませんが、重大なものであればすぐに使用を停止しなければ大惨事になってしまうことがあります。

自動車を使っている上で恐ろしい故障というと多くの人が、車が動かなくなってしまったりエンストしてしまうようになってしまうといった、状況を想像することでしょうが、一番恐ろしい故障というのはブレーキ等の制動機の故障です。
動かなくなるという故障は、停止してしまえば追突されてしまう危険性を除けばそれ以上に危険はありません。
しかし、止まらなくなるという故障は動かなくなる故障よりもはるかに危険で、しかもそのような故障に気づく時というのは停止しようとしている時にわかるだけのより危険性が高い状態になっていることが多いのです。

そのため、制動機に違和感を覚えた時には効いている間に、すぐに自動車を停車させることが重要です。
完全に効かなくなってしまってからでは、危険回避が完全に運任せになってしまうためです。

タイヤの正しい交換方法

タイヤに異変があった時など、場合によっては交換が必要なことがあります。
まずこれらは消耗品であることを理解しておく必要があります。そのためメンテナンスが必要なパーツなのです。
路面との摩擦によって磨り減ってくるだけでなく、ゴムで出来ているため劣化してしまうのです。
ゴムは熱や太陽の光などで劣化してしまいます。溝が磨り減っている状態やひび割れがあるような状態はとても危険です。
バーストする可能性があります。
またエアバルブも実は消耗品なのです。交換時にいっしょに変えておくといいでしょう。エアバルブもゴムで出来ている部分がありそこがひび割れを起こしてエア漏れを起こすことがあります。
万一このようなトラブルで交換が必要な場合、車を安全な場所に停めて交換をする必要があります。
スペアがついている車の場合は、ジャッキも一緒についているはずなので車を停止させサイドブレーキを引いた状態で一旦ホイルのネジを緩めます。その状態でジャッキアップしますが、その際ジャッキから車体が落ちないようにスペアを車体下に置いておきます。
そしてネジを外して交換します。ネジを締まる場合は均等に締めていきます。
スペアはあくまで一時的なものなのでそのままずっと走行せずすぐに直して交換します。

バッテリーが上がりの対処法 

海-イルカいざ、車に乗ろうとするとエンジンが掛からないというトラブルを経験した人は多いでしょう。
エンジンが掛からない原因として考えられることは、数多くあります。
燃料系統の不具合、電気系統の不具合、燃料切れなど考えられることがいろいろとありますが、もっとも高い可能性としてバッテリー上りが考えられます。
このような状態となった場合の対処方法を考えておくと、突然のトラブルでも落ち着いて対処できるでしょう。
充電で回復するのですが、自己でこれを行う場合救援車が必要となり、救援車を探しケーブルで相互の車をつないで充電作業をしなければいけません。
車にブースターケーブルを常備している人は少ないため、このようなトラブルを機にブースターケーブルをトランクロームやラゲッジルームに常備しておくことが大切です。
もっとも簡単な方法としてロードサービスを頼る方法です。
自動車保険に付帯しているロードサービスで無料でサービスが行われるため任意保険の特約項目などをよく理解しておきましょう。
さらにJAF加入でもあらゆるトラブル回避が出来ます。
自分でケーブルをつなぐにも間違った方法で行えば危険が生じますので、正しい方法で充電を行いましょう。

 

計器類の異変から防止できること

海09メーターパネルの計器類を知っていますか。どれもきちんとした目的があり、警告灯は、トラブルを事前に知らせてくれる役割があります。基本的なものは、走行速度を表示するスピードメーター、総走行距離をkmで表すオドメーター、方向指示表示灯、ヘッドランプ上向き表示灯、シフトレバー位置表示灯、エンジンの回転数を表すタコメーター、燃料残量警告灯、燃料計、区間走行距離をkmで表すトリップメーター、トリップメーターリセットボタン、オーバードライブOFF表示灯、エンジン冷却水の温度を表す水温計があります。しかし、エンジンがかかった状態で点灯したままになってはいけない警告灯があります。まずは、充電警告灯で、オルタネータ用のVベルトの緩みや、切断などの可能性があります。2つ目は、ブレーキ警告灯で、ブレーキパッドの摩耗やブレーキ液の漏れが考えられます。3つ目は、油圧警告灯で、エンジンオイルの圧力が低下すると点灯します。4つ目は、エアバッグ警告灯で、エアバッグシステムに異常があるときに点灯します。5つ目は、エンジン警告灯で、エンジン男子制御システムに異常があるときに点灯します。6つ目は、ABS警告灯で、アンチロックブレーキシステムに異常があるときに点灯します。この6つのどれかが点灯した時は、安全な場所に移動して、整備工場へ連絡しましょう。このほかにも、ドアがきちんと閉まっていないことを表す半ドア警告灯、シートベルトをしていない時のシートベルト警告灯、パーキングブレーキレバー戻し忘れのブレーキ警告灯がありますが、なるべく警告灯が付かないように点検して、安全に乗りましょう。

突然の車体の異変

海08車を利用していると、時にトラブルが発生することがあります。
自動車はあらゆる部品の組み合わせだけに、時に故障をすることがあっても何ら不思議なことではありません。
日本の車は丈夫なことで定評があるので、めったに故障をすることがありませんが、それだけにいざ異常が起きると焦ってしまうものです。
自動車は便利な道具ですが、時として凶器にもなりうるものだけに異変を感じた時にはすぐに適切な処置をする必要があります。
そこで、突然車体に異常を感じた時に重要な事は、まずは自動車を安全な場所に止めることが重要な事になります。

車に異常がある状態で走行をするというのはその先どうなるかわからないだけに、非常に危険な状況になってしまいます。
そのため、すぐに停車をすることが大事なのです。
そして、停車をしてから車に異常がないかチェックをしてみましょう。
その時に異常の原因によっては、そのまま走行を続けることもできますが、原因を突き止めることができなかった場合にはすぐに修理業者などを呼ぶようにしましょう。
異常の原因がわからないまま走行を再開してしまうと、大きな事故につながってしまうこともあるだけに、原因がわかるまで車を走らせないことが大切です。