オーバーヒートは業者へ依頼

最近の車は性能がとてもよくなり、あまり故障をしなくなりましたが、メンテナンスを怠るとやはり故障の原因となります。
メンテナンスといってもいろいろあります。一番いい方法はガソリンスタンドなどで定期的に点検してもらうか、ディーラーなどで点検してもらうことです。
メンテナンスの内容はバッテリーやオイル、ラジエター液、タイヤ空気圧などいろいろありますが、やはり気体や液体は減ってくるという特性があるため定期的にメンテナンスが必要なのです。
タイヤなら数ヶ月で空気圧が減ることがあります。そのままほっておくと劣化が進んでしまいタイヤによくありません。
またオイルは数ヶ月ごとに交換するか、5000キロから10000キロを目安に交換する必要があります。
オイルや長期間使用しているとやはり劣化してしまうことと、オイルの量も減ってきてしまいます。
実はオイルはエンジン内部を潤滑することで冷却しているのです。
そのためオイルの量がへったまま走行を続けるとオーバーヒートを起こしてしまう可能性が高くなるのです。
そのためオイルの交換を定期定期に行うか、エンジンルームを見てオイルゲージというものがついているので、それでエンジンオイルの残量を確認することができます。

Comments are closed.