走行中の異音から防止できること

車は金属でできているため、互いに干渉し合って動いています。ですから、メンテナンスを怠るとスムーズな動きができなるなくため各部から音が発生する場合があります。正常な状態ではほとんど音は出ませんので、音が出ている場合には何らかの異常が発生している可能性が高くなります。音が出ているといってもどこから出ているのかは特定するのが難しいのが一般的です。ディーラーではテスターにより車両の状態を把握することが可能ですが、音が出ているからと言ってテスターで異常個所を特定するのは難しいのです。ですから、日頃から定期点検を実施し良好な状態を保つ必要があるのです。走行中に発生する異音には様々なものありますが、常に音が出ている場合には原因を特定しやすくなります。しかし一定の条件下でしか出ない場合には整備士でも簡単には異常を見つけることができないのです。車に知識がある人であれば音の原因が分かるかもしれませんが、一般人には難しいと言えます。音を気にすることで劣化が進行しないようにすることは可能ですが、音が発するようになった場合にはすでに故障や劣化が始まっているのが普通です。放置すると重大な故障に繋がるため、法定点検は確実に行うことが大切なのです。

Comments are closed.